「コグトレって楽しい」

更新日:2月12日

おひさまdekiru Study だより


 スタディーでは部屋を分けて、コグトレと学習を行っています。

コグトレのなかで、子どもたちに人気の取り組みとしては「マジックキャッチ」があります。





その名の通りマジックテープのついたミットでボールをキャッチするのですが、これがなかなか難しい。投げられたボールをどんな角度で受けて、ボールの強さを吸収するように屈伸したり、両手を使ったり、子どもたちはいろいろ工夫します。



 また、投げる方も強すぎると跳ね返ってしまうので、柔らかく、あいての取りやすいように投げないといけません。





他にも、平均台の上でバランスを取りながら、前進、後進、足をクロスさせる動き。

体幹の力が求められる課題です。




新聞紙を丸めた「コグトレ棒」を操作する課題。 写真では3名でコグトレ棒をタイミングを合わせてパスしあう活動をしています。

棒のコントロールに加え、片方で受け取りながら、片方でパスをする、同時処理をしなければいけない難しい活動です。




コグトレの体の使い方や、他者との連携、コミュニケーションをとる力、それに、目と手の協応等のトレーニングをねらいとして行っています。


参加した子どもたちはみんな「楽しい!」「めっちゃ成功した!」「上手にできた!」と勉強の部屋に帰ってきます。中には「こればっかりやりたい!」という子もいますが、どの子も体を動かした後は机に向かって勉強する気持ちの切り替えがスムーズにできています。

 

「楽しい!」時間が共有できて私たちもとっても楽しいです。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示