新年のご挨拶



 年末に郵便局へ

金子先生の『郵便局の椿』の詩が目に止まりました。 「郵便局が建ち喜ばしいが椿の木は切られてしまい懐かしい。」

と言う詩ですが、昨今では

「スマホ買ってもらって嬉しいな。

SNSにかわり年賀状など懐かしいな。」

となるのだろうか。  環境… 変化の激しい時代に入りコロナ禍も後押しをし、 学校においてもICTが進められている。 ローマ字、外来語、機器の進化。 どこまで慣れる事が出来るのか。 みんなちがって、みんないい。 苦笑 それぞれの個性に合わせたツールを持ちいて、 得意なところを学習し易くし、自らの力に変え。 みんなちがって、みんないい。

――――――――――――――――

『私と小鳥と鈴と』

私が両手を広げても、 お空はちっとも飛べないが、 飛べる小鳥は私のように、 地面を速くは走れない。 私が体を揺すっても、 きれいな音は出ないけど、 あの鳴る鈴は私のように、 たくさんな唄は知らないよ。 鈴と、小鳥と、それから私、 みんなちがって、みんないい。

   金子 みすず       

――――――――――――――――  こんな想いで詰まった、ハートフルですが、 今年も、職員一同ますます研究して 療育を行う覚悟でございます。

 益々のご指導ご鞭撻お願い申し上げます。

本年も相変わらずのご愛顧を宜しくお願い致します。

              2022年 元旦                              代表者取締役  林 由美子




閲覧数:24回0件のコメント