おひさまdekiru kinder 4月号No.2

やわらかな日差しが心地良く、色とりどりのきれいな花や新緑、春を感じます。

年度の始まりで、子ども達は緊張などから少し張り切ってしまうかもしれません。新しい生活に慣れて、緊張が解けてくると疲れがでたり体調を崩しやすくなります。体調が優れなかったりいつもより不機嫌だなと思われた時には、ご様子を見てあげてゆっくり休ませてあげることも一つの方法と思います。

 コロナウイルスの影響もあり、引き続き安全管理へのご協力をお願いする中ではありますが、子ども達がのびのび過ごせる環境づくりに取り組んで行きたいと思います。



 






スマホや携帯式ゲームの普及により、眼を動かす力が発達していない子どもたちが増えています。眼を動かす力が弱いことで本を読みづらくなってしまう、字を書き写すことも苦手になってしまうことがあります。

また体を大きく動かして遊ぶ機会も少なくなっていますので、運動能力、認知能力、ボディーイメージ力が発達しにくいということもあります。


ビジョン(視覚)トレーニングによって、このような力を伸ばし、自信をもって学習・運動に取り組めるように、段階に合ったトレーニングを行います。



 


土曜日プログラム「段ボールであそぼう」では、身近にある道具や材料を使い、

自分達が作りたいものを作成しました。

秘密基地、しっぽもついて恐竜みたい。

素敵なバッグや、パソコンまで。

自分たちで想像して、何を使うのか考え、道具の使い方を知ることもできました。

段ボールの中で丸くなるだけでも何だか特別な気分です。







 





 




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示