top of page

おひさまdekiru kinder だより 1月号NO.2

新年、初回のアートセラピーは

うさぎがピョンと飛び出す「びっくり箱作り」


まずは飛び出してくる物を2種類作ります。

今回はバネの両側に飛び出すものを貼りつけ、どちらが飛び出ても楽しい仕掛け!を作りました。



丸シールを沢山貼りつけて宇宙を表現したお友達。

山の中に住む妖怪なんだよ~と怖そうな妖怪を描いたお友達もいました。

飛び出す仕掛けに使ったバネが伸びるのが楽しく、伸ばして遊んでる様子も見られました。




びっくり箱の飾りも折り紙やシールを貼り自由に飾ります。

ペンで自由に絵を描くお友達もいました。



出来上がったびっくり箱をお互いに見せ合いっこし、お友達や先生がびっくりする姿が面白く、何度も開けて楽しみました。



 

新し楽器登場!!


「ことばの音楽療法」で新しい楽器「タングドラム」を使いました。




形はどら焼きのように丸く、音は鉄琴に似ているようで叩いてみると少し違う!

内部が空洞になっているため、叩いた音同士が共鳴し、ふんわりした不思議な響きを奏でます。癒しの音を奏でてくれる「ドラム」に興味津々です‼




 

可愛らしい年賀状が届きました!

心がほっこりしました( *´艸`)


ありがとう〜〜〜!!




閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page